家族葬とはどんな葬儀なのか

家族の形が変わるに伴い、葬儀の仕方も家族にあった形へと変化しつつあります。

その中で選ぶ家庭が増えているのが家族葬です。


何となく耳にしたことはあっても、どんな葬儀なのかまだイメージが湧かないという方もいるかもしれません。

毎日新聞情報を見つけましょう。

葬儀の流れや手続き自体は一般的なお式とそれほど変わらないのですが、執り行う時には家族葬という名前の通りご家族と近しい親戚、親族たちだけで行われます。
これまで行ってきた葬儀よりもかなり規模が小さくなり、家族だけで行うと思えばわかりやすいかもしれません。



その分だけ費用もぐっと抑えることができますし、家族だけですから慌しく弔問客の相手もしなくていいので、落ち着いて悲しみに浸ることも出来ます。

もちろん、あくまで名前は家族葬ということで規模の小さめのお式をしたいということで選ぶご家族もいるので、故人との関係性により弔問なども出来る場合があるので、その都度ご家族に確認しておくといいでしょう。
やはりどのような式であったとしても、最後の挨拶をさせてほしいと思うのはご家族だけではないからです。

いろんな形の葬儀がありますが、家族葬はこれからもどんどんと増えていく事でしょう。
もしも先方からそのような事を聞いた場合には、自分は弔問していいのか、そして香典や弔電などはどうしたらいいのかということもよく考え、失礼のないようにしましょう。



そしてまた自分が行う時にも、きちんと配慮できるようにしてみてください。