家族で見送るなら 家族葬

葬儀や通夜などを終えた後、悲しみよりも疲労感や達成感が勝ってしまったという経験をした人は少なくありません。
故人の交友関係や働き先の規模が広く大きければ参列者は多くなってしまいがちになり、それを家族や親族だけで対応するとなると忙しなくなってしまいます。


最期のお別れを静かに偲んでいたいと感じるのであれば、家族葬が良いでしょう。家族葬は親族や血縁者のみで行なわれるもので、他者に気をつかって疲れてしまうことが無いのが一番のメリットでしょう。
血縁者といってもあまり仲の良くない親族もいますから、そういった方を呼ばず穏やかに見送ることが出来る人たちだけで式を進めることができるのも利点といえます。

家族葬をする際にはいくつか注意すべき点がありますが、それさえ気をつけておけば問題もなく行なうことができます。



まずは故人の知人やかかわりのある他者に家族のみで葬儀を行なうことを通知し、供花や香典を受け取らないようにしなければなりません。

そうはいっても生前良くしてもらったのだから最期くらいは挨拶がしたいという人も出てきます。
そういう方と後々揉めてしまわない様にする為にも、きちんと断りをいれておかなければいけません。

毎日新聞の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

通知や文書での断りを怠った場合、参列者の対応におわれることになったり、香典を後日きちんと返したりとやることが増えてしまいます。



香典で費用をまかなうことが出来ないので、葬儀をプランなどで組む場合は費用に気をつける必要があります。