家族葬に関しての考察

現代は冠婚葬祭に関しても個性邸で独自性のある感性や感覚をみることができるのです。



地味婚やスマート婚、ナシ婚などは現代の冠婚葬祭に関する価値観の多様性を顕著に表していると言えるでしょう。

また葬儀に対してもこうした様々な価値観を見ることができるようになっているのです。

最近は特に家族葬を選択する人が非常に多くなっているのです。

家族葬では身内や家族などに限定された人しか参列しません。
そのため家族葬では第三者の目を気にせず気兼ねなく故人の好きだったものを飾ったり、大好きだった音楽を流したり、思い思いに家族が故人に話しかけて弔い、アットホームな雰囲気で故人を天国に送り出してあげることができるのです。

目的別の@niftyニュース関連情報を解説します。

こうした傾向は葬式だけでなく、埋葬にも様々な価値観を見ることが出来るようになっているのです。
ペットと一緒に埋葬してほしい、墓友と言って一緒にお墓に入ってくれる友達を募集する人もいるのです。



また埋葬のスタイルもユニークなものが見られます。樹木葬と言ってシンボルの木の下に多くの人々を埋葬スタイルもあるのです。

樹木葬を選択すれば、遺族に墓守を強要することがありません。

樹木葬の場合には、一見すると非常に緑豊かな公園のようであり、非常に明るい雰囲気が特徴的です。

そのため楽しい気持ちで樹木のところに遊びに来てくれる家族も多く、こうした手間暇のかからない明るい雰囲気の埋葬方法を選択する人も非常に多くなっているのです。